レンタルのローム 担当者ブログ

ビジネス・教育・福祉のシーンで活躍しているレンタルのローム 担当者のブログです。

Home » 空気清浄機 » 空気清浄機も家も宝くじも、なんの基準でどっちがお得?

空気清浄機も家も宝くじも、なんの基準でどっちがお得?

calendar

reload

ちょっと前に当社の別サイトで、下記の内容をアップしました。

 
空気清浄機 レンタルか購入か。法人は?

空気清浄機 レンタルか購入か。法人は?

よくある、「買うのとレンタルするのと、どっちがお得だろう」についての内容です。

 
この種のお話は、空気清浄機に限らず、たとえば自宅でも宝くじのことでも、よく話題に上ります。

で、いつも答えが出なかったり、よく分からないままウヤムヤになって考えるのをやめてしまうことが多いですね。

その理由が、何を基準にして「どちらがお得か」を判断しているかという、その尺度の問題があるからです。

家を買おうかマンションを買おうか、あるいは、賃貸が良いのかと考えている若夫婦がいて、インターネットの「どちらが得か」を開設しているウェブサイトを見ても、どうも釈然としません。

なぜなら、それらのページは、購入後の価値はどうなるのか、後年、売ることができるだろうかといった資産性をその判断基準としているからです。

ほかに大切な判断基準があります。

それは、「自分の家」を所有したいかどうか、それによる生活の安堵を得たいかどうか。という人の心の部分です。

資産性だけで考えて家かマンションか、あるいは購入か賃貸かを決める。それで日々の幸せに貢献すればよいのですが、それだけじゃないですよね?安心とか安定とか平和とか、日々の暮らしで必要ですよね?それを加味して決める必要があります。

 
宝くじについても、同じことが言えます。

宝くじを買うのが得か損か。
当たるかどうかだけを考えれば、損です。買わないほうがいいですよ。
1等2億円が当たる確率は1000万分の1らしいです。1000万人の人が1枚ずつ宝くじを買ったら、それにあたるのが1人です。10枚買ったら100万人に1人、1000枚買ったら1万人に1人、10万枚買ったらようやく100人に1人です。でも10万枚買おうとすれば3千万円かかります。めちゃくちゃです。ちなみに3億円ぶん買っても10人に1人しか当たりません。当たっても赤字です。

これは投資したものを回収できるかどうかの話であって、宝くじを投資対象にすること自体間違えているような気がしますが、それは置いといて、でもね、そういうことだけじゃないじゃないですか。
あたるかどうかのワクワク感、「あー、2億円当たったらどうしよう、あれ買ってこれ買って旅行に行って、子供や親にもあげて」と、夢が広がって楽しいわけです。そのワクワク感をたった300円で購入できるわけです。
「ドリームジャンボ宝くじ」とは良いネーミングです。本当に夢が大きく広がるんですよね。

 
空気清浄機も同じです。
資産性だけを考えれば、購入したほうがお得ですよ。なんてったって、会社の資産になるのですから。
ですが、「使わない期間の置き場所をどうしよう(汗)」や「うちはNPOだけど資産を保有していいのだろうか」や「借りて賃借料計上して当年の損金算入ができるので税金が圧縮できる」など、現実的な問題があるわけです。
そのあたりを判断の尺度に据えないと、「レンタルか購入か」の答えは出ないわけです。

 
そういったこともお考えいただきながら、改めて下記をお読みいただくと、きっと良い判断材料になるのではないかと思います。

 
空気清浄機 レンタルか購入か。法人は?

空気清浄機 レンタルか購入か。法人は?